2014年08月29日

人間の醜さ…

私の働いている病院の本当に汚い人間関係。
どこにいても多少の人間関係の汚さはあるだろうけどここはひどい、ひどすぎる…。
それでもそこで働いている私。
ここを出て他に私の居場所があるかどうかって不安だからなかなか動くことが出来ないんですよね。
どんなにこの場所がいいところじゃないってわかっていてもここから動けない私。
勇気がないだけなんだけどね…。
毎日いろんなことを我慢してびくびくして本来の自分を出せずに働くってことはかなりの違和感があります。
この病院の何もかもを大勢の人にぶちまけてしまいたいって思うことがどれだけあるか…。
そんな風に悩みを抱えている人ってやっぱりたくさんいるのかな…。
もし私だけじゃなく他の人もがんばってるんだって思えば少しは気が楽かもしれないな。

2014年08月07日

薬剤師の私が反省した出来事

薬剤師の私が珍しく駅に行った時の話です。
ちなみに薬剤師としては赤十字病院の薬剤師求人を狙っています。

電車待ちをしていた私の前を一人の女性が通り過ぎました。
なんか見たことあるなぁと思って、その女性を目で追った薬剤師の私は…あっ!と思いました。
中学校の時とても仲が良かった子だったのです!

私は一気にテンションが上がり、その子に話しかけてみました。
これがキッカケでまた仲良くなれたらいいなぁって思ったのです。
「久しぶりだね!」
満面の笑顔で私は言いました。
しかし…その子は薬剤師の私を見た瞬間、気まずそうな顔をしたのです。
「え?あぁ…うん…」
返事もこんな感じでした。

薬剤師の私はすぐその子に話しかけてしまった自分を呪いました。
多分その子にしたら話しかけられたくなかったんですよ。
私はすぐに別れの挨拶をして、そこから離れました。

思った以上にショックでした…
心が痛くなりました。
中学の時はとても仲が良かったんですよ。
あれだけ仲良かったのになんで…?

疑問は募るばかりでしたが…
月日の流れというものは残酷ですね。
薬剤師の私は思い知りました。
どんなに仲が良かったとしても、年月は人の関係を変えてしまうものなのだと…身に沁みました。

人に話しかける時はこれからはもう少し気をつけようと思います。

2014年07月17日

最近多き事件がまたも!

小学5年生の女の子が行方不明になっている事件、その後何も進展がないようですね。
今どこにいるのか、きっと親御さんたちは夜も寝れずに心配していることでしょう。
看護師をしている私は人の生死に何度も直面することがあるけど他人の生死でもこの上ない悲しみがおそってくるのに安否がわからない我が子のこととなると言葉では言い表せない気持ちですよね、きっと…。
報道番組のリポーターなんかがご両親や近所の人にコメントを求めるという場面があらゆる事件や事故でよくあります。
だけどこういう事件のとき、そっとしておいてあげてほしいって思ってしまいますよね。
心配→コメントを求めるではなく仕事だから…多くの人に情報提供…ということだもんね…。
早く見つけられることを願ってやみません。

2014年07月11日

好きだけでは生活ができない

私はほんとうに今まで、自分が好きだと思った仕事だけをしてきました。
そのため収入はあまり考えたことはありませんでした。
あるだけのお金で生活ができればいいかなって、いつも思っていました。
だけど、年を重ねるにつれて老後の心配が襲ってくるものですね。
まったく自分には関係ないようなことだったのに、今の収入でどれだけ老後の生活ができていけるのかと考えたら、恐怖がおそってきました。
今の会社でのやりがいはものすごくありますですが、お給料は少ないしボーナスもありません。
まあ、個人の会社なのでそれほどの儲けも出ていないのではないかと思うのですが、今までのような考えでは駄目だと思いました。
これから先のことを考えていかなければいけないと、真剣に思った瞬間一番先に頭に思い浮かんだのが転職のことでした。
好きな仕事ではなくて、しっかり保証のある会社につとめなければいけないと思いました。
転職活動を始めるにしても、求人情報をみていてもこれといって魅力のある会社は未だにいつかりません。
自分のなかで区切りをつけたはずなのに、こんなに気持ちが安定しないなんて自分でも嫌になってしまいます。
転職を成功させる秘訣って何かあるのでしょうか?
今は結局行きたくもない警備会社のセコムの求人なんかも見る始末です。
人生うまくいかない。。

2014年01月14日

大人の世界の面倒さ

外に出て働くってことは本当に大変だよね。
きっとどんな職種でもどんな会社でも人間関係のもめごとってたくさんあるんだろうなって思ってはいるけど看護師になって病院で働き始めて社会ってこんなに汚いものだったのかなって最初のうちは人間不信におちいりそうでした。
最近はそういう環境に少し慣れてしまったのかサラッと流せてしまう自分がいます。
そんな環境に慣れてしまうっていうのはある意味怖いことでもあります。
だけど自分ひとりでどんなにがんばってもその環境を改善していくことは無理です。
孤立してしまうだけなんだよね…。
世の中間違っていることだらけなんだけどそれを正そうとしてもつぶされてしまう。
大人の世界って面倒で汚いことだらけですよね…。

2013年12月26日

ドラマの中の医師と看護師

よく医師や看護師を扱ったドラマってありますよね。
それは大げさでしょう、というように脚色してあるものもありますが、忠実に再現しているものもあります。
医療現場の裏側を見ているようで、おもしろいですけどね。
だけど、実際の医療現場はドラマになる以上のドラマがあったりするようですけどね。
それよりも日々の忙しさに忙殺されて、ドラマを感じている暇がなかったり、というのもあるようですが。
でも医師や看護師がドラマになるのは、私たちがまりわからない世界だから、覗き見てみたい、というのもあるのだと思います。
実際に医療現場で働いている人は、ドラマとかはどう見ているんでしょうね。
あるあると思って見ているのか、そんなもんじゃないよ、と思って見ているのか。
私が思うに、逆に医療現場を全然知らない人のほうが、そういうドラマって楽しめるんじゃないか、と思うんですけどね。
知っていたら、いろんなことが気になって、ドラマの内容に集中できなさそうで。
手術のシーンとか、それはないでしょ、みたいなことってありそうですからね。
でも医師や看護師がドラマになるっていうのは、それだけ身近な存在だけど、よくわからないことが多いということでしょうね。
医療現場のドキュメンタリーより、ドラマのほうが人気があるというのは、自分たちの医師や看護師の理想像みたいなのがあるということかもしれませんが。
やっぱり病院の医師って大変ですよ。空港の医師求人でも探した方がいいんですかねw

2013年12月05日

院内の人間関係

看護師の仕事をしている私は一番苦痛なのが院内の人間関係なんですよね…。
どうしてそこまで憎しみあわなきゃいけないのか…と思うほどのみにくさ!
いったいみんな自分の顔を鏡で毎日みているのかなって思うほどみにくい顔をしているのにそれに気づいていないんだろうね。
患者さんは詳しいことはわからなくてもなんとなく何ともいえない雰囲気にはきっと気づいていると思うんだけどね。
私はそういうドロドロした環境に巻き込まれて自分までドロドロになっちゃわないように気をつけたいと思います。
だけど長くそういう環境下で仕事をしていくとそんな風に染まってしまうんじゃないかって思ったりすることもあるんだよね。
長いものに巻かれろ…は絶対にしたくないと今は思ってます。

2013年10月21日

病院内部のお話

自分が働いている病院の内情をあれこれ誰かに告げ口したりって正直私の性格上あんまり好ましいことじゃないんだよね。
だけどやっぱりあまりにも見るに見かねる問題はしっかりと報告しなきゃいけないこともあります。
看護師という仕事が本来どういうものであるか、それをしっかり頭に入れていれば間違った方向に進んでいくことはまずないでしょう。
同僚にたいしても患者さんに対しても…。
だけどついつい忙しさを理由に本来あるべき姿を忘れてしまうことが多々あるんですよね…。
定期的にしっかり自分の立ち位置を確認して今一度初心に戻ることが必要なのかもしれません。
看護師の仕事を長く続けたいと思うならきっとみんなそんな風にしたほうがいいと思います。

2013年10月08日

ホットロールブラシとハイジニーナ脱毛の紹介

最近、ホットロールブラシにハマッていますよ。
以前までは髪が跳ねないようにドライヤーとブラシでウンセウンセと頑張っていました。
でもそれだと凄く時間が掛かるんですよね。
「ホットロールブラシだと早くて簡単だし綺麗に出来るよ」と聞いてはいたのですが、う~んどうしようかなと買うのを迷っていました。
でも先日ドラッグストアへ行った時に、良さそうなホットロールブラシが特価で売られているのを見つけたのです。

それでも店内でたっぷり15分くらい迷いましたが・・・思い切って買ってみました。
ホットロールブラシを使うのは初めてなのでドキドキでしたが、聞いていた通り凄く扱いやすいんですよね。
今まではドライヤーとブラシの角度を上手に調整して頑張っていましたが、もうそんな必要は全くないです。
ちょっと手を添えてホットロールブラシで髪をクルクルとすれば、良い感じの内巻きが簡単に作れてしまうので。
これまでは毎朝髪を整えるのが結構大変で30分くらい掛かっていましたが、今はなんと3分の1の10分程度で済むようになりました。
なかなか上手に整えられないと言うストレスも無くなったし、思い切って買って良かったかなと思います。
「まだ使えるから~」なんて古い物を使い続けていたりしますが、もっと新しい物にも目を向けた方が良いですね。
でないとどんどん過去の遺物になっちゃいますよね(汗)。

ちなみに♪このホットロールブラシを使って娘の髪もクルクル巻いてみたりしています♪
これまではずっと「子供だから」と言う理由で、ドライヤーで乾かしてブラッシングするだけでした。
でもちょっと可愛く巻いてみようかなと思って巻いてみると、これが凄く可愛いんですよね。
少し前に美容院で綺麗にカットをして貰ったので、しっかり内巻きも綺麗にまとまります。
前髪も巻いてみるとオンザになるのですが、それもまた可愛いくて。
雰囲気的にちょっと外国の女の子の髪型っぽくなるでしょうか。
ホットロールブラシは勿論内巻きだけでなくウェーブも作る事が出来るのですが、子供なのでそれはまだやっていません。
誕生日などの特別な日には試してみても良いけれど、まだやっぱり3歳ですからね。
ほんのちょっとお洒落に巻いてあげるだけで良いかな~って思います。

ま、これまでに比べて髪のセットがし易くなったとは言え、不器用なのでまだまだ使いこなせていません。
上手にやればパーマを掛けたように綺麗に巻き髪を作ったり出来るようなんですけどね。
一応YOUTUBEで動画を見ながら実践してみてはいるもののナカナカ・・・。
せっかくなので綺麗な髪にセット出来る様に頑張って練習するつもりです。

<ハイジニーナ脱毛特集>
ミュゼプラチナムのハイジニーナ脱毛コース エピレのハイジニーナ脱毛コース

2013年10月03日

出世なくても楽しい看護師生活が送りたい

人間関係最低な職場に当たってしまった私。
看護師の仕事ってあんまり職場の人間関係が最高だって話は聞いたことがないけど私の職場の人間関係はその中でも最低なんじゃないかなって思えるほどの悪さです。
ここまでドロドロしていないといけないものなのか…。
一部の人は誰かの足をひっぱろうと必死になっているような感じがあります。
仕事に一生懸命になるのではなくてそういう部分で必死になっているっていうのがおかしな話であり滑稽です。
それでその人に何の得があるのか…。
上司のご機嫌とって出世狙いってところかな?!
私はそんな卑怯なまねしてまで上に上がろうとは思えない人間だからきっと一生平社員なんだろうね。
でも平社員の方がいろいろと精神的な悩みにおかされずにすんで楽しいかもしれないよね。