« 食べ物に気を付けるべし | メイン | 女性の宮家 »

お布施の有り方

お布施というものがありますが、あれって、中身は差し出す本人の意思によるもの、そう思っていました。
でも実際には金額を指定されたりもします。
渡し方にマナーとかもあるようです。

法事など合同の法要の場合は、お寺(本堂など)の入り口に受付が用意されていることもあります。
お寺に入る際に、お布施を受付の方に渡すのだそうで。
それがマナーみたい。

特に受付が用意されていない場合は、
法要が始まる前に僧侶に挨拶ができる時間があれば、
ご挨拶を兼ねてお布施を渡すとか。

「今日は◯◯の◯回忌のために、どうぞよろしくお願いします。」
などと一言添えるといいのだとか。

法事法要の前は慌ただしくてゆっくり挨拶ができない場合は、
法事法要を終えてからお礼の挨拶をする際にお布施を差し出すといいらしい。

まったく知らない事ばかりでした。
受け取るほうもぎこちない感じがしますが、ぎこちなくなかったら「受け取るのは当然」みたいでいやですよね。

お布施の催促するお寺さんとかもあるようだし。
私は個人的にとあるお坊さんの管理会社(?)から催促されました。
催促ですよ、催促(笑)。

あまりそんなことされると、金額減らしたくなるよね。
そういうものかなぁ・・・考えちゃうな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.free-radical.org/mt3/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年08月01日 05:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「食べ物に気を付けるべし」です。

次の投稿は「女性の宮家」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38